git blameで行指定

dev

何時の、誰の、何のためのコミットで修正されたか確認する時、git blame使うと思いますが、
長いファイルのソースだと、なかなか思うところにたどり着けない。
そこでgit blameにpile ( | ) で 行数指定します。

例) headで1500行目まで指定して、そこから上の10行指定する。

$ git blame /app/src/hogehoge.java | head -1500 | tail -10

1500行目辺りが表示されるので、tailはなくてもいいかも

$ git blame /app/src/hogehoge.java | head -1500

気づき

git blame は消した行の履歴は出ないので注意
まあ、表示されている行がどのcommitで追加、変更されてかなので当たり前なんだけど。。

Comments

タイトルとURLをコピーしました